2022年06月14日

チャレンジキッズ北千束園 濱田さん

東京都出身 2021年 中途採用

保育補助 濱田 みほ先生

 

Q、チャレンジキッズを知ったきっかけは?

A、正社員として保育補助で働かせて頂ける保育園はないかと求人サイトを見ていたところ、チャレンジキッズのホームページにたどり着きました。

拝見させていただくとブライダル事業をされている会社である事、そこから保育園開業までのストーリーを知る事が出来、経営理念に惹かれました。

 

Q、実際に見学しての印象は?

A、最初に見学させて頂いた園が、結婚式場の中にある保育園だった為、入り口から素敵な雰囲気に引き込まれました。室内に入ると大きな窓から沢山の木々が見え、太陽の優しい光が沢山降り注いでいました。この環境の中で生活するのは、とても気持ちが良いだろうというのが第一印象でした。

案内してくださる職員の方が丁寧に説明して下さったので安心しましたし、先生方、お子さま達の楽しそうな笑顔を見て自分もこの園で働きたいと思ったのを覚えています。

 

Q、入社を決意した理由は?

A、保育補助として、自分はどんな働きが出来るのだろうと少し不安な気持ちもありました。

面接時に、お子さま達が英語教室を行っていた日だった為、「英語も苦手でピアノも弾けないのですが大丈夫ですか」と面接担当の方に尋ねると「チャレンジキッズは『やってみよう』の心を大切に、お子さま達を見守っていること、それは働く職員の方も同じで、出来る事や出来ない事を皆で補いつつ、チャレンジする気持ちを大切にしてくだされば大丈夫です」との言葉を掛けて下さいました。

この時、気持ちが少し軽くなりお子さまと一緒に自分も様々な事にチャレンジをして頑張っていきたいと感じました。

 

Q、チャレンジキッズの魅力は?

A、一斉保育ではなく、お子さま一人一人に寄り添ったハンガリーの流れる保育をベースにした保育をしている所。また、お子さまと同様、職員にも「やってみよう」の心を大切にし、励ましてくれる所です。

 

Q、チャレンジキッズに入社してよかったと思う事は?

A、入社当初から、本当に手厚く沢山のご指導を頂けています。一斉保育では無い為、お子様一人一人とゆっくり向き合える事ができるので、心のゆとりを持ち、楽しい保育が出来ています。

 

Q、保育園で働いていてよかったと思うときは?

A、日々、心身共に大きくなっていくお子さま達の笑顔を間近で見守らせて頂けるのは本当に大きな喜びです。

最初は人見知り等で涙する事が多かった子が、いつしか保育者の膝の上で絵本を読んでいたり、笑顔で遊ぶ事が出来るまでになった瞬間、本当にこの仕事に携わる事が出来て良かったなと感じます。

 

Q、大変だなと思うことは?

A、保育補助として、自分はどの様に貢献しサポートしていく事が出来るか等を、現在も模索しながら奮闘している所です。

ですが、先生方の背中から学ぶ事が本当に多く、親切且つ、段階を踏んでご指導頂ける為、安心して保育に携わる事が出来、毎日楽しくお子さまと関わる事が出来ています。

 

Q、これからの目標、挑戦したいことは?

A、保育の仕事は本当に奥が深いと、日々感じています。

自分なりの小さな目標を毎日積み重ね、達成していく事が今の目標です。現場に携わりながら「やってみよう」の精神を忘れる事なく、今後も挑戦できる事を見つけていきたいと思います。

 

2022年06月14日 | Posted in 保育士の声 | | No Comments » 

関連記事